【新講座】Filmora(フィモーラ)講座で簡単動画編集

Filmora講座

Windows10の動画編集に、Wondershare「Filmora X(フィモーラ10)」はとても便利です。有料のアプリですが、無料版を利用して全機能の操作を体験することができます。

Windows10での動画編集の現状

以前Windowには「ムービーメーカー」というMicrosoftの動画編集アプリが付属していましたが、2017年1月で終了していまいました。
Windows10には「フォト」アプリで動画編集はできますが、操作がシンプルですが機能が多くなく、「ムービーメーカー」を利用していたユーザーには物足りないでしょう。

無料で利用できる高機能な動画編集アプリはどうでしょうか?高度な機能がある優秀なアプリもありますが、初心者には扱いが難しくなってしまいます。
有料版では初心者向けからプロが使う動画編集アプリが数多くありますが、初心者向きでもほとんどが10,000円以上と高価なことがデメリットです。
その中で、Wondershare「Filmora X」は驚くほど簡単操作でプロのような動画編集が簡単に作成できて費用はお手頃です。また、無料版で全部の機能を試することができるので納得してから購入することができます。

Filmora講座基本操作編

Filmora操作画面

基本操作編では、無料版のWondershare「Filmora X」のダウンロードとインストールをおこないながら、素材の読込みから動画編集・DVDへの書き込みまでの流れを学習することができます。
動画編集ではFilmoraに用意されているプロのような効果や機能が簡単に扱えることが体験できます。
パソコン初心者でも4時間程度で習得できる内容になっていますので、手軽に始められる講座内容となっています。

Filmora講座応用操作編

応用操作編では、Webカメラで撮影した映像とデスクトップ画面を録画して合成するクロマキー合成やYouTubeへの投稿でよく見られる手法など実践的に活用できる機能を学習することができます。またWondershare「Filmora」の最新バージョンXの便利な新機能も学習することができます。
応用編は6時間程度で習得できる内容になっていますが、全てを体験するにはパソコンの性能がある程度必要になります。
これから本格的に動画編集をおこないたい場合には、無料版で必要な機能が扱えるのか確認する良い機会になるでしょう。

Filmoraの料金について

料金体系は「個人向け」・「法人・商用向け」・「学生・教職員向け」とあり、その中もいくつかに分かれています。一般的には「個人向け」になりますが、YouTubeなどて収入を得る場合には「法人・商用向け」を購入する必要があります。

個人向けプラン
  • 1年間プラン/1PC   6,980円
  • 永続ライセンス/1PC  9,980円

1年間プランは毎年費用が掛かるプランで、永続ライセンスは1度支払えば永続的に利用できるプランになります。お勧めは永続ライセンスです。

、Wondershare「Filmora X」では、頻繁にキャンペーンにおこなっています
永続ライセンス/1PCでも実際には60~80%の価格で購入することができます。
講座受講者には、受講時点でお得に購入できる方法もサポートしています。

詳しくは こちらをご覧ください

購入特典Filmstock

無料版からライセンスを取得して有料版を購入し、ユーザー登録をおこなうことでロイヤリティフリーのエフェクト素材をダウンロードできるようになります。
Filmora Xに追加することができ、エフェクト(各種画像効果など)や動画・サウンド・画像などが一部無料でダウンロードでき、気に入ったものは購入することもできます。
Filmstockを利用することで、初心者でもさらに効果的な動画表現をすることができます。

最後に

最近では、動画の撮影は特別な機材がなくてもスマートフォンなどで撮影することも手軽にできます。Filmoraを使って簡単に楽しい動画編集してみましょう!

市民パソコン講座長野校では、シンプル操作の「フォト」アプリ講座・簡単動画編集「Filmora」講座にYouTube活用講座と動画関連の講座も複数用意しています。動画関連についてもお気軽にお問合せ下さい。
「市民パソコン教室長野校」の公式サイトはこちらをご覧下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA