困った!「お使いのデバイスにはWindows11をお勧めします」が表示された時の対応

Windows11へアップグレード

Windows10パソコンを起動した時に突然「お使いのデバイスにはWindows11をお勧めします」と表示されることがあります。この場合の対処方法とアップグレードで確認しておくことを記述します。

Windows10のまま使う場合の対処法

2021年12月に入ってからパソコンの起動時に「お使いのデバイスにはWindows11をお勧めします」と表示されることが報告されています。
私のパソコンでも2021年12月15日に、Windows10の月例 Windowsアップデート後の再起動時に表示されました。
このタイミングでWindows11にアップグレードする場合には「取得する」からアップグレードすることができます。

お使いのデバイスにはWindows11をお勧めします

「お使いのデバイスにはWindows11をお勧めします」と表示されましたがWindows10をまだ使っていたい場合はどうしたらいいですか?

「アップグレードを拒否する」を選択して下さい。

拒否するとWindows11にアップグレードできなくなることはありますか?

英文を翻訳しているので強い表現になっていますが「今はいいです」程度の意味なので安心して下さい。

Windows11に移行するか迷っていますか?

「アップグレードを拒否する」を選択すると更にWindows11へのアップグレードを促す画面が表示されます。
「Windows11を入手」を選択するとWindows11のアップグレードへと進みます。

今度は表示が「Windows11に移行するか迷っていますか?」と表示されました。どうしたらいいでしょうか?

まだWindows10を使っていたい場合は「今は何もしない」を選択して下さい。

「今は何もしない」を選択したら通常のディスクトップが表示されました。

この画面が表示されると戸惑いますが、この表示はWindows11に対応したパソコンにだけ表示されます。

「Windows11へのアップグレードの準備が完了しました。」アイコン

タスクバーの「Windows11へのアップグレードの準備が完了しました。」と表示されているパソコンが対象になります。
Windows11の最低システム要件など詳しくはこちらの関連記事をご覧下さい。

Windows11 in React2021年10月5日にWindows 11が公開!無償アップグレードも開始される

「PC正常性チェック」アプリとは?

「PC正常性チェック」アプリ

2021年10月のWindows10アップデート(KB5005463)にて「PC正常性チェック」アプリが強制的にインストールされました。これはWindows10のバージョン2004・20H2・21H1のアップデートで適応されます。
「PC正常性チェック」 アプリはWindows10からWindows11にアップグレードできるハードウェア要件を満たしているか調べることができるアプリです。
また、設定>更新とセキュリティ>Windows Update でもアップグレードが可能か確認することができます。

Windows11アップグレード前の確認事項

いままでは使用しているパソコンの主にハードウェア要件でしたが、利用しているアプリケーションやプリンターなどの周辺機器がWindows11に対応しているかも確かめておく必要があります。
特にお仕事でパソコンを使用している場合にはWindows11へのアップグレードは慎重におこないましょう。
また、使用しているパソコンのメーカーのWebサイトで情報を収集しておきましょう。

Windows11からWindows10へ復元する方法

Windows11にアップグレードしてみたが、プリンターやアプリケーションが正常に動かないなど不具合がある場合。
10日以内でしたらWindows10に復元することができます。

  1. 設定>システム>回復 を選択します。
  2. 表示される 回復オプション>復元 を選択します。
  3. 「以前のバージョンに戻す理由をお聞かせください」とアンケートが表示されますので、適当な項目にチェックいれて「次へ」で画面を進めます。
  4. 「アップデートをチェックしますか?」では「行わない」を選択して「次へ」で画面を進めます。
  5. その後も注意事項などが複数表示されますので「次へ」で画面を進めて下さい。
  6. 「Windows11をお試しいただきありがとうございます」と表示されますので「Windows10に復元する」を選択するとWindows10に復元することができます。

Windows11にアップグレードしてから10日を過ぎると回復オプションから「復元」の項目が表示されなくなり、復元することができなくなります。
また、復元の途中で正常に復元できない可能性もゼロではないのでバックアップはしておきましょう。

最後に

Windows10は新しい見た目だけでなくて、安全に利用するための仕組みが用意されています。
また当初は対応していなかった、スマートフォン用のAndroidアプリも間もなく利用できるようになります。
急ぐ必要はありませんがWindows10のサポート期限が2025年10月14日となっています。Windows11にアップグレード対応可能なパソコンは状況をみながら2022年の早い時期に対応してみては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です