auが「待ちうた」サービスを終了へ

待ちうたサービス終了

KDDIは2021年6月1日に、auの「待ちうた」サービスを2021年8月17日で新規申し込みを終了し、2021年12月31日にサービスを終了すると発表しました。

「待ちうた」サービスとは

待ちうたサービス

「待ちうた」サービスとは、電話をかけてきた呼び出し音を通常の「プルプル・・・」から、好きな音楽やボイスにすることができるサービスです。
docomoでは2003年9月から「メロディーコール」としてサービスが始まり、auやソフトバンクでも同様なサービスが開始され、ガラケイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンでも2010年代前半には多くのユーザーに利用されました。
しかし、「待ちうた」の利用者の減少に伴いauでは今回のサービス終了を決断したとのことです。
それでは、携帯大手各社の現在の対応状況を簡単に記載してみます。

待ちうた au

2005年2月からサービスを開始し、当初は「EZ待ちうた」という名称で呼ばれていました。
月額使用料は110円(税込み)です。

電話きほんパック 月額330円(税込み)
待ちうた・お留守番サービス・三者通話・迷惑電話撃退のお得パックです。

電話基本パックV 月額440円(税込み)
待ちうた・お留守番サービス・三者通話・迷惑電話撃退に割込通話がプラスされたお得パックになります。

※待ちうたサービスが終了してもパック料金は変更がないとのことです。

メロディーコール docomo

2003年9月から「メロディーコール」としてサービスが開始され、最盛期には1000万回線以上も利用されたいました。
docomoでは今後も月額110円でサービスが利用できます。
しかい、docomoの新料金プランahamo(アハモ)では「メロディーコール」のサービスが提供されていません。

待ちうた🄬 ソフトバンク

2009年8月からサービスを開始しましたが、すでに2018年3月29日で終了しています。

最後に

ガラケイ(フィーチャーフォン)の時代から「待ちうた」や「着信メロディー」などは多くの人が利用してきていました。しかし、最近はすっかりみられなくなりサービス終了も納得です。
2020年代になり携帯電話の利用のしかたも変わり、今後5Gが本格的に普及すると更に変化していくことでしょう。
また今年は、楽天モバイルの参入やahamo(アハモ)などの新料金プランの発表などもありました。

市民パソコン教室長野校では、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットの困りごとにも応じています。
便利なアプリ講座もご用意していますので、お気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA