【新講座】Google Classroom 実践編で使い方を学ぶ

Google Classroom 実践編

Google Classroom(グーグルクラスルーム)はGoogleのクラウド型学習管理ツールで、教職員はクラウド上に作成した仮装クラスで、課題の作成と配布・採点と評価・連絡事項やスケジュールの共有などを全て1カ所おこなうことができます。

ICT教育とGoogle Classroom

ICT(Information and Communication Technology)とは情報通信技術となりますが、ICT教育とは学校教育のデジタル化を意味します。パソコン・タブレットや電子黒板などのデジタルを活用した対面授業だけでなく、インターネットをフル活用したGoogle Meet・Zoomでのオンライン授業なども広がってきています。
Google Classroomは、ICT教育を推進していく上で中核となる学習管理ツールとなります。

Google Classroomの特徴とメリット

高いセキュリティ
Googleの各種サービスはほとんどがクラウド(インターネット)上で展開されていますが、世界中の人々が安心して利用できように非常に高い安全性で守られています。


Googleの各種サービスと連携
Google Classroomは連絡事項はGmail・ファイル管理はGoogleドライブ・スケジュール管理はGoogleカレンダー。
課題の作成などはGoogleフォーム・ドキュメント・スプレッドシート・スライドと連携しておこないます。


Google Chromeから手軽に起動

Google Classroomの開き方
出典:Google Classroom

Googleアカウントでログインした上で「Google Classroom」のWebサイト(https://classroom.google.com/)を開くだけで始めることができます(WebブラウザはGoogle Chromeを推奨)。
スマホでも同じように利用できますが、スマホアプリ版を利用することをお勧めします。


無料から利用できる
実際の学校現場ではGoogle Workspace for Educationなど有料のプランを利用しますが、Google Classroomの使い方を学ぶのであれば無料で利用することができます。


教職員と生徒・保護者で共有
Google Workspace forEducatiでは、保護者もGoogle Classroomでの生徒(子供)の課題についての進歩状況やClassの活動報告などを共有することができます。
教職員も保護者・生徒が円滑なコミュニケーションをおこなうことができ、業務の効率化や省力化にも貢献します。

Google Classroom 実践編講座の詳細

Google Classroom 実践編講座では3時間で Classroomの概要から具体的な操作方法を実践的に学習することができます。
しかし、Google Classroomは学習管理ツールですのでGmailやドキュメントなどのWebアプリやGoogleカレンダーやGoogleドライブなどのスキルも必要なります。
市民パソコン教室長野校では、Googleの各種アプリの講座もご用意しています。短時間で学習できる講座ばかりですので、組み合わせての学習も可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。

講座のお申し込みはこちらまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です