迷惑なFacebookグループの退会・ブロック方法

知らないFacebookグループに勝手に参加したみたいなんだけど、どうしたらいいかしら?

Facebookグループを理解すると対処することできますよ。

そうなんですね、詳しく説明してください。

それでは、グループの退会方法も含めてお話しますね。

Facebookグループとは

iOS(iPhone)の画面を使っていきます。Androidやパソコンでは画面の配置が異なる場合がありますが、基本的な操作は同じです。

Facebookグループの画面

Facebookグループは、共通の話題や趣味・目的をもったグループで交流や情報交換ができる機能です。
グループは検索などから既存のグループに参加することもできますが、自分で新たにグループを作成することもできます。
スマートフォンもパソコンもグループに関する項目は、グループアイコンでグループを探したり新規作成したりや、参加しているグループの一覧や投稿内容を見ることができます。

Facebookグループへの招待方法

Facebookグループの招待

自らFacebookグループに参加する場合はいいですが、グループ管理者や参加者がグループにメンバーを招待する方法は3つあります。

  • 友達の名前から招待
  • 友達のメールアドレスから招待
  • グループのURLをFacebookのメッセージや携帯のショートメールなど使った招待(秘密グループは不可)

招待した人がFacebookの友達の場合は、グループメンバーなら招待から簡単にFacebookグループに招待することができます。

管理者はきちんとグループのルールを設定して、Facebookグループの趣旨に合わない人が参加しないように管理することが必要ですが、この招待の仕組みを利用して不特定多数の人と「友達」になって自分のFacebookグループに参加させてしまうこともできてしまいます。

Facebookグループの退会・ブロック

Facebookグループの退会

Facebookグループの退会は、参加しているグループの右上ツールから「グループを退会」を選択することで退会することができます。
自ら参加した場合にはFacebookグループに再度参加申請することもできます。
また、招待されて参加した場合には「このグループへの再招待をブロックする」をチェックすることができるので、興味のないFacebookグループに招待されることを防ぐことができます。

Facebookグループの種類

Facebookグループには3種類の公開方法があります。

公開グループ

誰でもグループのメンバーやグループの投稿を見ることができるグループです。
投稿内容を見るだけなら、グループに入らなくてよさそうですが、グループに入ることで新規投稿の通知が届くので、グループの投稿を見逃しにくくなります。

非公開グループ

グループのメンバーを見ることができますが、グループの投稿は見ることができません。
参加するには、Facebookの検索で探すことができますが、グループの趣旨に合う人だけに限定したい場合には参加申請時に質問を設定することで、参加の承認をするかどうか判断の参考にすることができます。

秘密グループ

グループ参加以外はグループのメンバーもグループの投稿も知ることができません。
グループに参加するには、管理者と友達で管理者が招待をしないと参加することができません。

Facebookグループで出来ること

  • 情報の共有・交換
  • ファイル・ドキュメント共有
  • アンケート機能
  • 予約投稿
  • グループインサイト

グループの趣旨に沿ったメンバーで情報交換をおこなうだけでなく、WordやExcelなどのファイルをメンバーで共有することができます。またアンケート機能を使ってメンバーの意見を尋ねてみることもできます。
グループインサイトとは、メンバーの属性などを簡易分析することができる機能で、男女比や活動時間帯などいくつかの項目を分析することができます。

まとめ

Facebookグループは上手に利用すればとても良いコミュニケーションツールですが、対策もしかりしておかないといけません。Facebookでは個人やグループでも制限を設けて安全に利用できる仕組みがありますので、みんなが気持ちよく利用できるようにマナーを守って使用しましょう。
尚アクセス数を増やしたいなど不純な行為で、本人の承諾なしにFacebookグループに紹介するようなことは絶対にやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA